● gift of sound,vision and space ●

 東京・清澄白河にあるgallery shopスペース [gift_lab] によるwebshop
ホーム | CD/Vinyl > SIGNAL DADA / Edition NIkOshotahirama / Days Between Stations
商品詳細

shotahirama / Days Between Stations

販売価格: 1,728円 (税込)
[在庫数 2点]
数量:
shotahiramaによる新たな試みとなるセルフレーベルSIGNALDADAより、2枚の新作が同時発表!
shotahirama名義では昨年5月に香港Re-Recordsより発売された"Unhappy American Lost in Tokyo"に続く約4ヶ月ぶりの作品となる。
限定100枚の貴重な音源。

track list:
1. plagued by amnesia (41:30)
































トマス・ピンチョンにそのコンタクトを許されポストモダン、アヴァンポップ以降のアメリカ現代文学で最も解離性の強いテキストを組み込む作家スティーブ・エリクソン。次元を横断する記憶の葬送その路線が惑星間で炎上していくエリクソンの85年作品days between stationsに強くインスパイアされたshotahiramaは、タイトルをそのまま使用し従順なるフォロワーとしての姿勢を貫く為本作を発表する。08年から10年までの七月と九月に収集した凡そ900ものサウンドファイルを、自らがビルドアップした音響合成パッチにて41分にも及ぶアムニジアックな持続音響を形成。一般的ドローンミュージックからSF(思弁)的イメージングへと横断(スリップストリーム)していくReaktor内のレイヤーは記憶の一時的な歪みを産み落とし、腐蝕してゆく過去と蚕から膿んで爛れてゆく未来との中間にあたる現在、そこに響く喪失感と解離性症候群はイルビエントへの入り口である。アムニジアックドローンこそshotshiramaの彷徨える日々、その記録なのだ。

Tokyo based sound artist (born in New york, currently live in Tokyo) shotahirama's newest CDR album from his self-label SIGNALDADA is now on sale. "Days between stations" (SIGNAL001R) was inspired by an American novelist Steve Erickson (representative of the Avantpop movement) and one of his best novel "Days between stations" (1985). Shota used almost 900 or more sound files taken by his field-work recorded during the months of July & September from 2008 to 2010 on the north side of Tokyo, London and Hongkong. He rebuild/re-synth these files into 41 minutes of complex patterns of melodies and textures (harsh, bizarre, noise, glitch) using computer software processing. To express Erickson's "Dissociative Fugue", "Reversible Amnesia", "Mental disorder". Amnesiac drone music. (-text by SIGNALDADA)
他の写真・関連情報
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス